You are here
Home > Column > 願望実現を妨げる原因

願望実現を妨げる原因

 

 

 

まず最初に、

「困っていることがある。だから願い事をする。」

これは大間違いです。

 

 

願い事が叶えられない原因。

それは自分で勝手に叶えることのできない問題文を作り、提出しているから。

 

 

願望実現することができない人の思考を、

例としてAとBの2パターンであげてみる。

 

 

A「自分はダメだ!」 →×

そうだよね。の一言で終わってしまう。

そしてこの思考であるとすべての事が思い通りにいかない。

 

困っていることがダメなのではなく、

自分がダメだと思っていることが願望実現を妨げる原因です。

 

 

B「自分は最高だ!」 →×

自分が最高であるなら、叶える必要ないよね。

 

このタイプの人は困ったことが起きるとAタイプに変わりやすい。

 

 

 

この2タイプの場合、問題文作成の工程にすら至っていないのです。

 

 

 

1困っていることがある

2だから願い事をする

 

この2ステップで、すでに振るい落されている場合がほとんどです。

蓮花戯水 甕がサポートをしてくれるのも2ステップをクリアしてから。

 

 

 

じゃあどう考えればいいのか? 簡単です。

 

「自分はできる。」そう思うだけ。

 

 

 

 

1 どうなっていたいのか思考する。

  困っているから願い事をする、それだけでは全然ダメ。

  願望実現の願の字もありません。

  困っていて願い事が叶い、その後どうなりたいのか。

  そこまで考える。

 

2 イメージをする。

  その願い事が実現した後の幸せなイメージと感情を立ち上げる。

 

 

3 確信する。

  言葉に出して、願い事が叶ったと確信をする。

 

 

4 現実で努力を重ねている。

  願い事が叶う方向への行動を取っている。

 

 

5 最終的にその願いは実現した。

 

 

 

 

願い事は今ある秩序を壊すことは出来ません。

ですので状況は少しづつ変化していきます。

 

 

 

 

願望実現の原則 

 

1 変化が無理なものでは作用しない。

 (誰かが犠牲になったり、困ったりするような事。)

 

2 その願いが自分も他人も生成発展する方向に働くこと。

 

 

 

必要なもの

 

願い事をする本人のオーラが浄化されている。

良い人間であること。

そして「私には出来る」という自信を持っている。

 

 

 

 

 

問題文の作成方法のルール

 

その願い事を聞いた他人が嫌な気分にならず、

楽しくなったり、応援してあげたくなるような事である。

 

 

願い事が叶わないのは自分自身の問題ではなく、

自分の願い事を聞いた他人が、スポンサーになってくれているのかどうかが問題である。

 

 

 

 

 

蓮花戯水 甕 というエネルギー物質を使い、願望実現をこなすためのステップ。

 

・困っていること、問題を明確にする。

・問題を解決し、どのようになっていたいのか明確にする。

 

 

その状態で甕に入り、

願望実現が上手く行ったあとのイメージと感情を立ち上げて、上手くいったことを確信する。

 

これにより、甕からエネルギーがチャージされる。

 

「あったかいな」と感じたら、それはもう黄金色に輝いている状態になっている。

 

 

㊙情報ですが、黄金色に輝いている状態で「幸せだな」とか「豊かだな」の感情がでてきたら、

甕からエネルギーが100%チャージされている証です。

 

 

 

甕の中で瞑想すると「エネルギーボールの中にいる私」の状態になり、

宇宙エネルギーと繋がりやすい状態になります。

 

 

少し難しい事を言うと、

「甕に入った私」は第三者のエネルギーボールの中に居る状態にあり、

自分はもう、自分ではない存在になっています。

 

 

 

蓮花戯水 甕 すごいです。

 

 

 

IMG_6026

 

 

 

 

 

 

 


Top